下取りと買取の違い

下取りと買取の違い

下取りと買取の違いについても知っておきましょう。まずは下取りについてです。

 

下取りとは大きく定義すると「買い替えを前提とした場合のバイク店での買い取り」となります。
買い替えが前提となるので、新しくそのお店でバイクを買わなければなりません。
下取りに出されたバイクが新しく購入するバイクの値段交渉の手段となります。
では買取とはどういったものなのでしょう。

 

買取とは「買い替えの有無とは関係なく市場価格で買い取る」といったものになります。買
取の対象となったバイクを市場の相場に合わせた金額で業者が買い取り、新しく流通させるものなので、単純なモノの売買という形になりますね。

 

そこで気になるのが「ではどちらの方がお得なのか?」ということです。
下取りの場合は、値段交渉次第では査定金額は自分の予想よりも多くなるかもしれません。
しかし、下取りされたバイクはそのバイク店でのみ販売されるので、管理費や維持費の関係もあって、人気のないバイクの場合には査定金額は低くなります。
一方、買取の場合は、買い取られたバイクは業者間のオークションに出品されます。
全国規模で流通されるので、人気のないバイクでもオークションでさばけて管理費や維持費がかかりません。
そのため、下取りよりも高く引き取ってくれることが多いのです。さらに買取の場合は現金でもらえるのも嬉しいポイントの一つですね。

 

しかし、バイクの状態や人気度によっては下取りの方がお得な場合もあることでしょう。
どちらがお得かを知るには、しっかりと調べることが大切です。