買い取られたバイクの行方

買い取られたバイクの行方

下取りで買い取られたバイクは、そのお店の店頭もしくは系列店で売られます。
状態が悪い場合は部品だけ抜き取って販売することもありますが。

 

それでは、買い取り専門業者によって買い取られたバイクはどうなるのでしょうか?

 

買取業者の手に渡ったバイクは整備されたあと、中古バイクオークションに売り出されるケースが主となっています。
BDSやトーシンバイクオークションなどですね。
ここで落札された場合は、落札主となった中古バイク販売店へと流れていき、そこで販売されて新しいオーナーに購入してもらうことになります。
買取ではこの流れが主ではありますが、大手買取業者には、自らの店舗を持っていることもあります。
人気のあるバイクは業者自らの店舗で販売されることが多いです。
その反対にあまり人気のないバイクはどうなるのかというと、オークションを通じて海外のバイク販売店に流れていくことが多いですね。
日本では人気のない型のバイクでも、海外では人気の場合があります。
自分の乗っていたバイクが海を越えて他の土地を走っているなんて、感動ものですよね。

 

バイクや車は長年一緒に過ごしていると愛着が湧くものです。自分の手元を離れたあともその行方は気になることでしょう。
買取業者によって買い取られたバイクは、新しいオーナーのもとで走り続けています。